【洋画】おすすめのミュージカル映画10選Vol.1はこちらから>>>

映画「ミッドサマー」(2019)|あらすじ・感想

ミッドサマー_タイトル ロマンス


ミッドサマー(字幕版)

スウェーデンのホルガ村を訪れたダニーが狂気(の雰囲気)に呑み込まれていく様子を描いた映画「ミッドサマー」。

土着の風習をベースにしながらも、「集団と個」や「孤独感」をうまく表現した作品です。北欧の華やかな色使いが目を引きます。

スポンサーリンク

作品情報

作品名 ミッドサマー 原題 Midsommar
上映時間 147分 ジャンル ホラー、ミステリー
製作国 アメリカ 監督 アリ・アスター
おすすめ度 ★★★★☆

あらすじ

不慮の事故により、家族を失った女子大生のダニー。恋人であるクリスチャンは、情緒不安定になっているダニーに別れを切り出せず、仲間と一緒に行く予定だったスウェーデン旅行にも彼女を同行させることになる。ダニーたちは、スウェーデンからの留学生・ペレの故郷に向かうのだが――。

スポンサーリンク

登場人物

ダニー・アーダー(フローレンス・ピュー)

主人公。不慮の事故により家族を亡くし、より情緒不安定に。恋人・クリスチャンが友人たちとスウェーデン旅行を計画しているというので、同行することにした。

クリスチャン・ヒューズ(ジャック・レイナー)

ダニーの恋人。ダニーと別れたいと思っているが、家族を亡くしたことに同情し、なかなか話を切り出せずにいる。

ペレ(ヴィルヘルム・ブロングレン)

スウェーデン出身の留学生。故郷のホルガ村で行われる90年に一度の夏至祭に、クリスチャンたちを誘う。

ジョシュ(ウィリアム・ジャクソン・ハーパー)

クリスチャンたちと同じ大学に通う友人。ペレに誘われ、仲間たちと共にホルガ村を訪れる。卒論研究では、夏至祭をテーマにしている。

マーク(ウィル・ポールター)

クリスチャンたちと同じ大学に通う友人。セックスとドラッグに夢中。ダニーのことは鬱陶しく思っている節がある。

サイモン(アーチー・マデクウィ)

イングマールに誘われ、イギリスからやって来た男性。コニーの婚約者。

コニー(エローラ・トリキア)

イングマールに誘われ、イギリスからやって来た女性。サイモンの婚約者。

イングマール(ハンプス・ハルベリ)

ホルガ村出身の青年。ペレとは兄弟のように育った。

マヤ(イザベル・グリル)

ホルガ村出身の少女。儀式のため、クリスチャンを誘惑する。

スポンサーリンク

映画「ミッドサマー」の注目ポイント

はっきりホラーというよりは、不気味な描写が一番の見どころの映画「ミッドサマー」。欝々とした雰囲気を楽しみたい人におすすめです。

タイトル「ミッドサマー」の意味

日本語で「ミッドサマー」と聞くと「Mid-summer」と勘違いしてしまいそうですが、実際のスペルは「Midsommer」

スウェーデン語で「夏至」を意味する言葉で、「ミッドソンマル」と読みます。大きなくくりで見れば、「Mid-summer」の同義語ですね。

スウェーデンの夏至祭では、草花で飾り立てた柱を設置し、みんなで輪になり囲み、生バンドと歌に合わせて手をつないで踊るんだそうです。

ホラーの枠に捉われない

一般的に、ジャンルとしてホラーに振り分けられがちな映画「ミッドサマー」ですが、メガフォンを取ったアリ・アスター監督は「ジャンルについてこだわりはない」と答えています。

ホラー映画とも言えるし、失恋映画とも言えるし、おとぎ話とも言えるし、ブラック・コメディとも言えるし、居心地の悪い映画とも言えるし、成長物語とも言える。いろんな解釈ができるのにひとつのラベルをつけることは、人々から映画への興味を失わせる気もするので、偏見なしにそれぞれの言葉で関わってもらえたほうがうれしいです。

(出典:GINZA 『ミッドサマー』アリ・アスター監督インタビュー「最高のストーリーテリングは、人を不快にさせるもの」

その一方で、別のインタビューでは、

本作を「ホラー映画」だと捉え「怖いから観ない」と思っている人々に向けて、アスターは「この映画はホラー映画ではありませんし、怖くもありません。決して怖がらせようとする映画ではない、と言いたいです」と主張。

(出典:映画ナタリー 「ミッドサマー」アリ・アスター初来日、「別れたほうがいいカップルに薦めて」

と語っているので、ホラー映画とひとくくりにするのは間違いとすら言えるでしょう。

そもそも、何をもってして「ホラー」とするかは難しいところですよね。

事実、アリ・アスター監督が本作の製作に携わるようになった経緯には、「失恋を表現したい」という思いがベースとしてあったそうです。

当時、恋人と別れたばかりで、それを描写する手段を探していました。(中略)それと同じ頃、スウェーデンの制作会社<B-Reel>から連絡がありました。スウェーデンの“夏至祭”を訪れたアメリカ人が悲劇に巻き込まれるという、民間伝承をベースにしたスリラー映画を作りたいという打診でした。

(出典:BANGER!!! え、失恋がきっかけ!?狂気の真っ昼間スリラー『ミッドサマー』誕生秘話をアリ・アスター監督が語る

そういうことなので、先述のアリ・アスターの言葉どおり、失恋映画というのもあながち間違ったジャンル表現ではないのかもしれません。

スポンサーリンク

ロケ地はハンガリー

映画「ミッドサマー」の舞台となっているのは、スウェーデンのホルガという村ですが、実際のロケ地となったのはハンガリーの首都ブダペストなんだそうです。

アリ・アスター監督はロケ地について、

スウェーデンで撮影すると製作費が高額になってしまうので、ハンガリーの首都ブダペストから車で30分ほどの場所で撮影をおこないました。

(出典:SCREEN ONLINE 本日公開『ミッドサマー』アリ・アスター監督来日イベント完全レポート!!

と明かしています。

スウェーデンをはじめ、いろんな国の夏至祭、そしてスピリチュアルなムーブメントをリサーチしたうえで、製作に取り掛かったようですね。

ホルガ村のセット自体は、約2カ月をかけて作り上げたとのことでした。

「性の儀式」に2週間

作中に登場する「性の儀式」

映画「ミッドサマー」の中でも特に強烈な印象を残していくシーンのひとつですが、このシーンの撮影には、なんと2週間もの時間がかかっているらしいんですね

見ている側としてもまさに「狂っている」と感じられるシーンですから、撮影しているクルーたちも精神的に疲弊しそうです。

なお、ダニーの恋人であるクリスチャンは全裸になっているのですが、これについてはクリスチャンを演じるジャック・レイナーが提案したからなんだとか。

そこには、

「女性に対する性的暴力のシーンには(被害者である女性が)全裸のものが多く、彼女たちはそう演じてこなくてはならなかった。(このシーンは)それをひっくり返すチャンスだと思った。観客にとって、このキャラクター(クリスチャン)が可能な限り弱く、屈辱的な状態で出てくるのは重要だと思った」

(出典:FRONTROW 『ミッドサマー』“性の儀式”のウラ話!撮影期間は2週間、精神崩壊ギリギリの舞台裏【ネタバレ】

との意思が込められているとのことです。

スポンサーリンク

映画「ミッドサマー」を見た感想

不可解な現象が起こるわけでも、幽霊が出るわけでも、殺人鬼が出没するわけでもないので、ホラー映画とすることに違和感はありましたが、まさか「失恋映画」だったとは。

でも、考えてみればまさにそのとおりですね。

作中では儀式(祭り)に関するいろいろなことがあるせいで、あれやこれやと考えてしまいがちだけれど、よくよく見てみれば、一本の作品を通して、クリスチャンとダニーの別れを描いているだけ。

しょっぱなからダニーがクリスチャンに依存している状態なので、ダニーが裏切りを通して「クリスチャン離れ」をしたとも言える。

そもそも、ダニーをはじめ、クリスチャンたち大学の友人はかなり現代的というか、仲が良さそうに見える一方で、表面的な付き合いしかしていなかったのだろうと思わされました。

口では愛を囁きながらも、その実、精神的に落ち込み気味なダニーを鬱陶しく思っているクリスチャン。他の仲間たちはダニーにとって、まさに「友好的に接するが、恋人と付き合いのある友人たち」程度の立ち位置。

特にホルガ村出身のペレは、友人の顔をしつつ、学友(?)たちをためらいなく生贄として捧げているので、その付き合いの浅さが窺い知れますね。

表面的な、見せかけだけの絆。家族を失った喪失感。大事な人からの裏切り。

(ダニーにとっては特に)生きづらい世の中から精神的に自由になった解放感が、最後の最後で描かれていたのではないでしょうか。

また、個人的にとても気に入ったのは、作中で使用されていた色彩。

とても北欧らしい、カラフルで華やかな配色でした。作品を通して感じられる不気味な雰囲気とのアンマッチさがただただおしゃれ。そのちぐはぐさがより、薬を通しておかしくなっていく世界観というか、多幸感を表していたような気がします。

後味の悪さも最高です。

なんていうのかな。モヤモヤしているはず(そうでなければおかしいはず)なのに、スッキリしているような、「究極のハッピーエンドだぜ!」と言いたくなるような不思議な感じ。

アリ・アスター監督曰く、

前作「ヘレディタリー/継承」と同様に、本作もある種ハッピーエンドだと思ったという感想を伝えられると、アスターは「確かに変態チックなハッピーエンドだと観ることはできますよね」とにっこり。

(出典:映画ナタリー アリ・アスターが日本の観客とQ&A、「ミッドサマー」の死の色は「黄色と青」

とのこと。

もか
もか

へ、変態チック……!

たぶん、人によってハッピーエンドに見えるのは、これだけ壮絶な体験をしても、ラストのダニー自身がまったく悲壮感を漂わせていないからですよね。薬の効果もあるのでしょうが、むしろ幸せそう。

この後の人生でダニーにはいままでの分まで幸せになってほしいけど、ダニーとしては(薬の効果であったとしても)すでに幸せなのだろうし、何が幸せかは人による。

もしダニーが「自分を受け入れてくれた」ホルガ村で生涯を送るのだとして、ホルガ村の風習が変わりなく行われていくのだとしたら、ほぼ間違いなくダニーも72歳で崖から飛び降りることになるだろうけれど、この風習が当たり前の世界で生きている村人たちにとっては、これが「幸せ」なのでしょう。

一度は外に出た若者たちが、外界との違いに「この習慣はおかしい!」と考えることはあるかもしれないが、ペレの様子を見る限りではその可能性は低いような気もしますし。

まあ、土着の風習や常識など、そもそもそういうものですよね。

「洗脳」を目の当たりにした感じです。外界では「狂気」とも取れる土着の風習や掟が、家族を失い、恋人の裏切りに遭ったばかりのダニーの孤独にするりと入り込んでくる。「集団」と「個」がうまい具合に描かれていました。

――洗脳。つまり、ダニーにとっては「新しい価値観の創造」とも言えるわけです。

スポンサーリンク

映画「ミッドサマー」が好きな人におすすめの作品

映画「ミッドサマー」が好きな人には、以下の作品もおすすめです。

● 「ヘレディタリー/継承」(2018)
● 「ウィッカーマン」(1973)
● 「マザー!」(2017)
● 「サクラメント 死の楽園」(2013)
● 「2000人の狂気/マニアック2000」(1964)
スポンサーリンク

まとめ:排他的で寛容的な狂気の村

主人公ダニーたちを笑顔で受け入れる村人たちは外部の人間に寛容でありながら、その実、風習そのものは排他的と言えます。

そのギャップも違和感を与える一因となっているのでしょう。

人生をかけた壮大な失恋映画、ここにあり!

※本記事の情報は2022年12月時点のものです。

U-NEXTの無料体験に申し込む

現在(2022年12月時点)、動画配信サービス「U-NEXT」では31日間の無料トライアル期間が設けられています。気になる作品がある人は要チェック!

映画だけでなく、ドラマや漫画といった豊富なラインナップが魅力の「U-NEXT」。

240,000本以上が定額見放題(無料トライアル期間中は無料)なので、映画館で見る映画が1本1,800円ほどだと考えると、かなりお得ですよね!

しかも、お目当ての作品が見つからなかった場合、無料トライアル期間中に解約すれば月額料金(2,189円/税込)は発生しません

>>> 無料トライアル実施中!<U-NEXT>

※U-NEXTの情報は2022年12月時点のものです。配信作品及び最新情報・詳細については、U-NEXTホームページにてご確認ください。

 

ロマンス
スポンサーリンク
Mochaをフォローする
もかのほんだな

コメント

タイトルとURLをコピーしました