【洋画】おすすめのミュージカル映画10選Vol.1はこちらから>>>

映画「インターステラー」(2014)|あらすじ・感想

インターステラー_タイトル SF


インターステラー [DVD]

後半になって怒涛の展開が押し寄せる宇宙SFの金字塔「インターステラー」は、かの有名な「ダークナイト3部作」や「インセプション」などの作品を製作したクリストファー・ノーラン監督

序盤はそれこそガッツリ科学的な用語が頻出するので、きっと「??」と首を傾げた人も多いのではないでしょうか?

「地球の終わりは人類の終わりではない」――このキャッチコピーを遂行すべく、ひとりの男が運命に抗っていく様子を荒々しく、けれども繊細に描いた衝撃作!

\インターステラーを今すぐチェック!/
【U-NEXT】
31日間無料トライアル👉
スポンサーリンク

あらすじ

地球の寿命は尽きかけていた。
居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。
彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。
はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか?

(引用元:warnerbros. インターステラー「あらすじ」

>>>動画配信サービスの無料トライアルで「インターステラー」を観る

こんな人におすすめ!

  • 宇宙の謎と聞くとときめく!
  • 親子の愛って偉大だわ……
  • だけどときに人生に影響を及ぼすこともある、わかります
  • 重力とか引力とかよくわからないけど、とにかく感覚で楽しみたい
  • どういうこと? もなんとなくで受け流せる(エンターテインメントとして)
  • 映画の流れよりもワンシーンごとの美しさに惹かれる
スポンサーリンク

スタッフ・キャスト

  • 監督:
    クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)
  • キャスト:
    マシュー・マコノヒー(Matthew McConaughey)⇒ ジョセフ・クーパー(Joseph Cooper)役
    アン・ハサウェイ(Anne Hathaway)⇒ ブランド(Brand)役
    マッケンジー・フォイ(Mackenzie Foy)⇒ マーフ(Murph)役
    マイケル・ケイン(Michael Caine)⇒ ブランド教授(Dr. Brand)役
スポンサーリンク

「インターステラー」を観た感想

難解なストーリー展開と独特の雰囲気で、また一味違った宇宙SFが体験できる「インターステラー」。さすが世界の謎、宇宙を題材にしているだけあって、タイトル画面からエンドロールまで飽きることがありません。物理学や科学の専門用語が多いので、雰囲気だけでも楽しめるという人に特におすすめです。

【1】単なる宇宙SFとはテーマが違う

キャッチコピーは「地球の終わりは人類の終わりではない」――あらすじでもあるとおり、異常気象により地球に滅亡の危機が迫っているというのがインターステラーの世界です。

主人公であるクーパーは、優れた才能を持つ(元)エンジニアでありながら広大なトウモロコシ畑を管理するしがないファーマー。

幼い子どもたちを置いて何年かかると知れない人類を救う旅に出るのか、それとも……と、この時点ですでにお涙頂戴展開なのですが、なんといっても鬼才と呼ばれるノーラン監督の作品です。

誰もが知りたい宇宙の謎。それもあるでしょう。相対性理論。それも考えられるでしょう。重力の謎。そこも突き詰めていきたい。

でもノーラン監督が選んだのは、宇宙SFでありながら最終的には「親子の愛」「恋人の愛」への着地でした。ちなみにここらへんについてはぜひ本編を観ていただきたいところですが、全体をとおしての流れからすると賛否両論がはっきりと分かれるところです。わたしは賛否両論の賛派。

【2】難解すぎてモヤッとする人続出!?

口コミを見ると「なんかモヤッとした」「難しくてついていけない!」というような発言をたびたび目にします。個人的な所感にはなりますが、これってある意味当たり前。

序盤~中盤にかけてあれだけ物理学だの科学だのと計算できる“根拠”にとらわれていたのにもかかわらず、後半に差し掛かると「やっぱり愛情だ!」「愛は時空をも超えるのだ!」という謎の超理論が展開されるわけですからね。

雰囲気で楽しめる人はそれでいいのでしょうが、徹底的に根拠を追求して宇宙の謎を解明したい人はモヤッとしてしまうことになるかもしれません。

スポンサーリンク

【3】次元はいったいどこまであるのか?

2次元、3次元ぐらいまでは誰でも一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。2次元は平面、アニメなどがこれに当たります。それに空間がプラスされた世界が3次元。我々が今いるこの世界も3次元ですね。

モカ
モカ

アニメを舞台化した作品に出演している俳優さんなんかは最近、“2.5次元俳優”なんて呼ばれたりしていますよね! 言い得て妙というか、考えた人すごい!

次いで、4次元はここにもうひとつの次元(時間や空間)を入れたもの。某アニメの「4次元ポケット」が良い例です。この次元では、インターステラーでも関わりのあるアインシュタインの相対理論も重要な概念となっています。なので、物理学や科学に興味がない人たちにとっては非常に難解な物語構成に感じられるわけです。

4次元ですでに宇宙(インターステラーの世界)まで行ってしまったわけですから、その先はあるのでしょうか。

答:あります。

一般的には5次元といわれますが、わかりやすくいうと「パラレルワールド」のことです。4次元に、さらに時間軸が加わったもの。いろんな時間軸が平行に存在しているというまさにファンタジーやSFみたいな考え方ですね。

もはやこうなると通常の人間では知覚さえできないので、”次元が違う”と言っていいでしょう。この次元についての知識がまったくない状態で本作を鑑賞すると、終盤に向かうにしたがってポカーンとしてしまうちょっと難しいお話です。

モカ
モカ

はじめて観たときにそうなったのがわたしだ!

スポンサーリンク

【4】突然の超展開にざわざわする

物語は序盤、クーパーが元エンジニアだということもあって、ゴリゴリの物理学と科学で攻めてきます。この時点で少し理論的展開が苦手な人には厳しいかもしれない。

でも中盤を過ぎたあたりから、そんな根拠があることでしか動こうとしなかった主人公たちが「やっぱり愛だ!」「家族に会いたい……」「恋人が……」というように、誰かへの愛を主軸にして考えだす超展開が繰り広げられます。

これはもはや宇宙SFではない。壮大なスケールで「親子の愛」「恋人の愛」を描いた作品なんです(個人的所感)。

【5】なのに泣ける「父娘の愛」

宇宙から成長していく娘の姿を見守る父クーパーと、自分を置いていってしまった父に反発感を持ちながらも、心の底では憎みきれない娘のマーフ。

この2人のやり取りがまた泣かせるんですね。

「いやいや、娘からのビデオレターなんてずっと観てないで職務まっとうしてくれよ……」なんてところも正直ありますが、それもすべて、後半へと持っていく(悪く言うなら“さらにお涙頂戴の展開にする”)ためには必要なシーンだったと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

【6】物理学×科学の宇宙SF超大作と思っていた人はがっかり?

物理学や科学の根拠攻めできていたところ、突然「父娘の愛」なんてものが出てくるファンタジーになったわけですから、がっかりした人は相当数いると思われます。

中には「家族愛」に着地させるためのご都合主義映画だなんて言う人もきっといるはず。

でもね、考えてもみてください。これはあの鬼才ノーラン監督の作品ですよ。

そんな簡単にご都合主義映画なんて作るはずはありません。確かに、「科学的根拠としては……」「根拠が」「根拠に」なんて言っていた前半に対して、後半では「娘よ!」「父よ!」の展開になるわけですからそう思われても仕方のないことなのかもしれません。

ただし、基本的には映画製作において、台詞や行動はもちろん、小道具の数々に至るまで、意味のないものはひとつもないんです。だからこれを“ご都合主義映画”とひとくくりにしてしまうのはあまりにもったいないような気がしています。

ノーラン監督は宇宙SF大作「2001年宇宙の旅」の大ファンでもあるので、ところどころにオマージュが散りばめられているのも注目すべきところですね。

【8】序盤から終盤にかけての伏線回収が素晴らしい

先述しましたが、なぜ単なる親子愛に着地させたいがためのご都合主義映画ととらえることができないか。

それはひとえに、序盤から後半にかけての一貫した伏線回収の素晴らしさにあります。

どんでん返しの連続で疲労感を覚えはじめたころに訪れる、この伏線回収の嵐。もはや忘れたころにやってくるので、「え、これってそんな意味だったの!?」「これがこことつながっていたのか……」なんて改めて驚くシーンの連続です。

こんなにも細部にまで魂が宿った(作り込まれた)作品なのに、単なるご都合主義映画と評価してしまうのは少しもったいないかもしれません。

序盤から至るところに仕掛けられた伏線をきれいに、そして丁寧に回収していくことで父娘の絆が一層のこと強くなる。父は思っていたより弱かった。幼い娘も弱かった。でも2人で成長していくことで、未来はいくらでも変えられる。なんていったって、5次元空間が登場するぐらいですからね!

難解だからこそ丁度良い

個人的な所感としては、おそらくこのインターステラーという作品は決して万人受けするように作られたものではないのだろうと思います。むしろ、賛否両論の否のほうが多く集まっても不思議でないほどにギリギリを攻めた作品のひとつ。

次元や相対性理論について、少し下調べをしておかないとなかなか物語を理解するまでには至らないかもしれません。

でも、この難解さがまた丁度良い! そんな小難しいこと、正直わからなくたっていいんです。「なんか感動する」「意味はわからなかったけど、衝撃を受けた……」こんな風に、感覚で観られるほどよい塩梅の名作です。

\インターステラーを今すぐチェック!/
【U-NEXT】
31日間無料トライアル👉
モカ
モカ

複数ブログ運営中! Twitterでは随時ブログ情報を更新していますので、よろしければフォローお願いします♡

もか(@MochaConnext)のTwitterへGO!

関連記事:

コメント

タイトルとURLをコピーしました