本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

映画「そして誰もいなくなった」あらすじ・感想|原作とはちょっぴり違う?でもやっぱり正統派サスペンス

そして誰もいなくなった(1945)_タイトル サスペンス

そして誰もいなくなった(字幕版)

小説家アガサ・クリスティの著作「そして誰もいなくなった」。

原作とはちょっとばかり違うカ所も見受けられましたが、基本的な流れは一緒。ひとりひとり消えていくたび、人数分あったインディアン人形が消えていくのとか、ミステリーって感じでいいですよね。

本記事は2024年04月に執筆されました。すべての情報は執筆時点のものです。

スポンサーリンク

ワンフレーズ紹介

ひとり、またひとり減っていく恐怖。

作品情報

タイトルそして誰もいなくなった
原題And Then There Were None
原作そして誰もいなくなった/アガサ・クリスティ著
ジャンルサスペンス
監督ルネ・クレール
上映時間97分
製作国アメリカ
製作年1945年
レイティングPG-12
個人的評価★★☆☆☆

あらすじ

本土から遠く離れた孤島。招待された客と使用人含め、集められた10人の男女は、動揺「テン・リトル・インディアンズ」の歌詞通りにひとり、またひとりと犠牲になっていくのだった。

▼DVD▼ ▼小説▼

登場人物

(敬称略)

フランシス・J・クインキャノン(演:バリー・フィッツジェラルド)

判事。

エドワード・G・アームストロング(演:ウォルター・ヒューストン)

医師。

フィリップ・ロンバード(演:ルイス・ヘイワード)

元陸軍大尉。

ヴェラ・クレイソーン(演:ジューン・デュプレ)

教師。

ウィリアム・ヘンリー・ブロア(演:ローランド・ヤング)

探偵。

ニキータ・スターロフ(演:ミシャ・オウア)

ロシア人。

ジョン・マンドレイク(演:C・オーブリー・スミス)

退役軍人。

エミリー・ブレント(演:ジュディス・アンダーソン)

老婦人。

トマス・ロジャース(演:リチャード・ヘイデン)

使用人で、エセルの夫。

エセル・ロジャース(演:クイニー・レナード)

使用人で、トマスの妻。

フレッド・ナラカット(演:ハリー・サーストン)

孤島への船を操縦していた人物。

スポンサーリンク

映画「そして誰もいなくなった」の感想

映画「そして誰もいなくなった」の感想です。「ミステリーの女王」と言われるアガサ・クリスティの代表作のひとつ。1945年製作とかなり前の映画ではありますが、名作はいつまで経っても色褪せませんね。

原作とは異なるラスト

アガサ・クリスティのほうの「そして誰もいなくなった」(原作)は一度読んだきりなので、正直そこまで細かいことを覚えているわけではないんですが、たぶんラストが改変されていたと思います。

これが吉と出るか凶と出るか。

ラストを変えるって、結構リスキーですよね。

個人的にはまあまあだったという印象。

悪くもないし、良くもない。普通、みたいな。

とはいえ、タイトルを若干無視している感じになってしまったところに、引っ掛かりを覚えた人は多そうです。

ほとんどない緊張感

原作がある話なので、仕方ないといえば仕方ない部分もあるんでしょうけれども、登場人物たちが意外と余裕そうな雰囲気だったのが気になりました。

ひとり、ふたり、人が消えているのにですよ。

それも、歌をなぞるように、そして、インディアン人形が減っていくのにです。

結構みんな余裕たっぷりに構えていました。

孤島から逃げ出せるわけではないし、連絡手段があるわけでもない。……だとしても、もうちょっとパニック感というか、緊張感を持たせてもいいんじゃないかと思いましたね。

話の流れを原作通りにするのだとしても、もうちょっと演出にやりようはあったような気がしました(生意気)。まあ、でも、この淡々とした感じがまた良いのかもしれませんが。

コメディー色が強いストーリー

先述した通り、緊張感にやや欠けている印象だった本作。

その原因の一端は、コメディー色が強い演出のほうが多かったというところにあるでしょう。

なので、アガサ・クリスティ原作の話でありながら、シリアスな感じはほとんどありませんでした。これが良いか悪いかは置いておいて、クスッと笑える内容となっていましたね。

スポンサーリンク

映画「そして誰もいなくなった」が好きな人におすすめの作品

映画「そして誰もいなくなった」が好きな人には、以下の作品もおすすめです。

  • 姿なき殺人者(1965)
  • 殺人ゲームへの招待(1985)
  • アガサ・クリスティ ねじれた家(2017)
  • オリエント急行殺人事件(1974)

まとめ:アガサ・クリスティ原作の良作

海外だけでなく、日本でも「そして誰もいなくなった」をベースにした映像(映画やドラマ)は作られていますが、本作は、その中でもかなり出来が良いほうだと思います。

端的に言って、良作。

ラストの改変に一部疑問は残るものの、これはこれでまあまあだったなという印象でした。

Rotten Tomatoes
TOMATOMETER 100% AUDIENCE SCORE 77%
IMDb
7.4/10

U-NEXTの無料体験に申し込む

現在(2024年05月02日時点)、動画配信サービス「U-NEXT」では31日間の無料トライアル期間が設けられています。気になる作品がある人は要チェック!

映画だけでなく、ドラマや漫画といった豊富なラインナップが魅力の「U-NEXT」。

320,000本以上の動画/190誌以上の雑誌が定額見放題・読み放題(無料トライアル期間中は無料)なので、映画館で見る映画が一本2,000円ほどだと考えると、かなりお得ですよね!

しかも、お目当ての作品が見つからなかった場合、無料トライアル期間中に解約すれば月額料金(2,189円/税込)は発生しません

>>> 無料トライアル実施中!<U-NEXT>

※U-NEXTの情報は2024年05月02日時点のものです。配信作品及び最新情報・詳細については、U-NEXTホームページにてご自身でご確認ください。

 

サスペンス
スポンサーリンク
すみれをフォローする
タイトルとURLをコピーしました